よくあるご質問

イメージ

モービル製品を使うことで、適切にメンテナンスされた車と、スムーズな走行を手に入れましょう。

エンジンオイルを定期交換するわけを教えてください。

エンジンオイルは時間とともに劣化します。するとオイルの機能は損なわれ、エンジンを適切に保護できなくなります。

エンジンオイルには、エンジン可動部への給油だけでなく、燃焼にともなう副産物を、ピストンとシリンダーから取り除く役割もあります。加熱したエンジンが冷却する際に発生する少量の結露水分に対応するのもエンジンオイルです。エンジンが空気を取り入れる際に侵入してくるゴミやホコリを集め、さらに水分やその他の汚染物質との反応によって形成される酸にも、エンジンオイルは対処します。ときには、漏れたものがオイルシステムに侵入する燃料漏れ(燃料希釈)、あるいは冷却水漏れが発生することもありますが、エンジンオイルはこれらにも対応します。
運転すればするほど、エンジンオイルは汚れます。その汚れは、オイルがフィルターを通過する際に取り除かれますが、時間とともにオイルの添加物は消耗し、オイルは劣化(酸化または高粘度化)します。そうなるとオイルは充分に機能しませんので、交換が必要となります。
汚れが進み添加剤が消耗するまでの時間は、さまざまな要因に左右されます。なかでもドライバーによって大きく異なる運転状況は、オイルの耐用年数に直接的な影響をおよぼします。
オイルの汚れがエンジンにダメージをおよぼす前に、オイル交換をしましょう。ドライバー自身が汚れの状況を把握するのは難しいかもしれませんが、一般的に自動車メーカーはオイルの交換周期を提示しています。車種や製造年、メーカーによって周期は異なります。
交換周期と走行可能距離は、運転状況によっても変化しますので、より過酷な運転状況におかれる車には、頻繁なオイル交換をお奨めします。

エンジンオイルの粘度とは?

モービルのエンジニアは、車への負荷や走行速度などの条件にもとづいて、最適な粘度のオイルを提供します。オイルには、動作に対してほとんど抵抗を与えないもの、つまり燃料を節約し馬力を効率的に伝える軽いオイル(粘度の低いオイル)と、金属表面間の接触域から押し出されない抵抗の高いオイル(粘度の高いオイル)があります。エンジニアは、これら二種類のオイルをバランスよく配合します。
これを複雑にするのは、温度の変化です。オイルは高温では柔らかくなり、低温では固くなります。したがって、低温ではオイルをすばやくエンジンに行き渡らせる必要があります(高粘度化またはゲル化を防ぐ)。逆に、高温ではエンジンオイルが柔らかくなったことによって、金属同士が擦れ合うことを防ぐ必要があります。この問題をクリアするために、モービルのエンジニアたちはマルチグレードエンジンオイルを開発しました。

粘度とは何ですか?

粘度とは、流体が流れることに逆らう性質の度合です。粘度の低い流体は簡単に流れ、「柔らかい」と表現されます。逆に、粘度の高い流体は「固い」と表現されます。比較的粘度の低い流体の一例といえば水です。一方メイプルシロップなどは、比較的粘度の高い流体といえるでしょう。

エンジンをスタートしたときに煙が立ちます。この煙は何ですか?

比較的青に近い、あるいは濃い藍色の煙なら、オイルが燃料と一緒に燃えている可能性があります。原因としてはピストンリングが摩耗している、またはオイルの粘度が低すぎることが考えられます。
煙が黒い場合は、余分な燃料が燃えていることを示しています。
煙が白い場合は、冷えたエンジンと排気システム内にある蒸気が排気出していることが考えられます。ただし長時間大量に排気出されるなら、内部の冷却液が漏れている可能性もあります。

API(米国石油協会)サービスカテゴリー分類システムとは?

現在エンジンオイルは二文字のコードで分類されています。ガソリンエンジンオイルのカテゴリーは「S」。このSは当初「Spark Ignition(スパーク点火)」用のエンジンオイルを意味していましたが、現在では「Service(サービス)」のSと関連づけられています。一方、ディーゼルエンジンオイルのカテゴリーは「C」。このCは当初「Compression Ignition(圧縮点火)」用のエンジンオイルを意味していましたが、現在では「Commercial(商用)」のCと関連づけられています。

二番目の文字は、改良された品質レベルを表します。新たな品質規格が確立されるごとに、次のアルファベット一文字が使用されます。

粘度指数とは何ですか?

粘度指数(VI)は、特定の温度範囲内でのオイル粘度の相対的な変化の度合です。粘度指数が高ければ高いほど、温度による粘度の変化は小さくなります。VIには実際の粘度やSAE粘度とは直接的な関係はありません。粘度の変化する度合だけを純粋に示しています。

通常VIの値は、単に指標として使用されます。エンジンに対するオイル性能の判断材料としては、低温ポンピング性能テストと、高温摩耗テストの結果のほうが重要視されています。

一般的にマルチグレードオイル(0W-40、0W-30など)は高い粘度指数を示します。一方のモノグレードオイル(SAE 30、40など)は、より低い粘度指数を示します。

オイル警告灯が点灯するのはなぜですか?

オイル警告灯は、オイルの不足、オイルポンプの故障、オイル圧力センサーの故障、オイルシステムの詰まり、オイルの過剰な泡立ち、オイルレベルの上昇(最新ディーゼル車両)があった場合などに、点灯します。いずれも安全にエンジンを切れるなら、直ちにそうするべきです。オイルの圧力が低いまま走行し続けると、深刻なエンジンの損傷を招く可能性があります。

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせはこちらから

  • 製品についてのお問い合わせ

ページトップにもどる

esso モービル ゼネラル
「エッソ」・「モービル」は、エクソン モービルコーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。