モービル SHC™とは Mobil SHC™

モービルSHC600シリーズ

イメージ

最高の性能を発揮する次世代の循環系統油およびギヤ油

 高荷重や極端な温度変化など、工業用ギヤボックスは過酷な条件で運転されます。先進的な合成潤滑油であるモービル SHC 600 シリーズは、バランスのとれた処方によってその性能を最大限発揮し、日々変化する工業用機械の潤滑油に対する要求性能に応えることが可能です。このグレードアップした処方は何十年にもわたり積み上げられてきた品質の実績があって初めて提供できるものです。

最大3.6%のエネルギー消費削減を実現

 環系統システムやギヤボックスにおいて、低トラクション(低い流体内部摩擦)および高粘度指数の組み合わせにより、従来の鉱物油に比べ大幅なエネルギー消費削減を実現します。このモービルSHC600シリーズの特性により、エネルギー経費を削減し操業経費削減に貢献します。

二酸化炭素排出総量の削減を実現

 このエネルギー消費削減はひいては二酸化炭素排出量の削減につながり、工場のオペレーションが二酸化炭素排出量規制を遵守できるようにサポートします。

鉱物油との比較で最長6倍のオイル寿命を実現

 独自の合成ベースオイル技術と添加剤システムによって標準的な鉱物油を遥かに超えるオイル寿命を実現、これによってメンテナンスコストや油剤コストおよび廃油コストの削減を実現するとともに、生産性を向上させます。

バランスのとれた性能

 モービルSHC600シリーズは特に優れた防錆性と腐食防止性、抗乳化性、消泡性および放気性を有しています。

材料適合性

 従来の鉱物油で通常潤滑されている機器のシール材料や、その他構成部品の材料(銅系合金を含む)との適合性は良好であり、鉱物油から本シリーズへの切り替えプロセスを円滑にします。

 既に、500以上の機械メーカーの1,800を超える機械装置において本シリーズの使用が推奨されています。新世代のモービル SHC 600 シリーズではこの優れた性能を継承し、バランスのとれた総合性能を維持しながら必要な性能が強化されたと、主要な機器メーカーにおいても評価されています。

energy efficiency

Energy Efficiencyマークはエクソンモービルの登録商標です。
 ギヤボックスにおけるエネルギー効率は、同じ粘度グレードの鉱物油系ギヤ油と比較した場合、単純にそのオイルの性能によって決定されます。ある比較条件下の循環系統システムおよびギヤボックスにおいて、このテクノロジーは、鉱物油系ギヤ油と比較して最大で3.6%のエネルギー効率向上による省エネ効果が得られることを確認しました。この省エネ効果は、設備や運転条件により変化します。

*この結果はラボテストに基づくものであり、運転条件により異なります

ページトップへ