エンジンを新品同様に保つMobil 1™

チャレンジ100万キロ走行

米国ニュージャージー州ポールズボロにあるエクソンモービルの開発チームは、先進の合成エンジンオイルであるMobil 1™ を使用したメルセデスベンツE350を100万キロ走らせました。その目的は長距離走行後のエンジンの状態を調べることでした。

結果

車は高速道路シミュレーターに載せられ、様々な気象条件や気温で暴露され試験されました。
20万キロ走行後、エンジンは分解点検され、その結果はエクソンモービルのエンジニアを非常に喜ばせました。
エンジン部品の摩耗は最小限に抑えられ、メーカーが定める新品パーツの許容差内だったのです。
Mobil 1™ のパフォーマンスに満足した開発チームは分解したエンジンを再度組み立てて、更なる長期テストに入りました。

走行距離が100万キロに達した後も、先進の合成エンジンオイルであるMobil 1™ はその性能を発揮し続けました。エンジンの摩耗は引き続き抑えられ、沈殿物もほとんどなかったのです。これらの結果からMobil 1™ はエンジンを新品同様の状態に保ち、それは100万キロ走行した後も変わりないことが実証されたのです。

*Mobil 1™ 0W-40を使用した当社試験の結果、エンジンが新品同様の状態に保たれることが実証されています。