MENU

どんな車でも10万円買取の会社は実在する?ガリバーの3万円買取保証は安い?

当ページのリンクには広告が含まれています。
どんな車でも10万円買取の会社は実在する?
  • URLをコピーしました!
  • 車を売りたいけど、最低10万円くらいで売りたいな。10万円保証の会社ってあるのかな?
  • ガリバーは3万円保証って宣伝してるけど安すぎない?妥当なの?
  • 高く売るためにできる工夫はあるのかな?やっておくべきことを知りたい

残念ながらどんな車でも10万円で買い取ってくれるという会社は存在しません。

なぜなら車の買取価格はピンキリなので、10万円も保証してしまうと赤字が確定してしまう可能性があるから。

ミサ

そんな上手い話はないのね…。

ダイチ

でも保証はされないけど、査定してみたら10万円を超える買い取りをしてもらえる可能性があるから、売却する人の努力は重要なんだ。

この記事ではどんな車でも10万円で買い取ってくれる会社が存在しない理由と高く売るための工夫について解説します。

この記事を読めばどんな車でも10万円で買い取ることが難しい理由とガリバーの3万円保証が安いと言えるのかがわかり、あなたがどの会社に査定を依頼したら良いかがわかります。

高額査定を狙いたいなら新しい中古車一括査定サービスMOTA車買取がおすすめです。

▼あなたの車を最高値で売るにはどの業者がベストかわかる!事前入札方式の新しい一括査定▼

こんなあなたにおすすめ

  • 一括査定に応募したら大量の営業電話に心が折れた
  • 営業の強いプッシュを断り切れず即決を迫られた
  • 交渉が苦手で複数のお店を回る手間をかけたくない
  • 信頼できるお店を選んで相談したい

\ MOTA車買取の無料査定試してみる

もくじ

どんな車でも10万円買取の業者は存在しない!その理由とは?

どんな車での10万円かいとりの会社が実在しない理由

残念ながら、どんな車でも10万円で買い取ってくれる業者は存在しません。

なぜなら車は状態によって価値がピンからキリまでさまざまだから。

ただしまったく価値のない車もあれば、海外に持って行ったり、部品を売ることで10万円を超えることもあるので「どんな車でも」という表現さえなければ可能性はあるというのが正しい解釈と言えます。

ミサ

言葉って難しいわね。10万円を超える可能性はあるけど全ての車が該当するわけではないってことね。

ダイチ

その通り。だけど逆を言えば10万円を超える可能性もあると考えると高く買い取ってもらえる業者を探したいよね。

まずは車を処分する時のお金のかかり方や売却した時に得られるお金などの基本的な知識から学んでいきましょう。

本来は動かなくなった車の処分にはお金がかかる

これまで動かなくなった車はよっぽど希少価値がない限り解体処分(スクラップ)されていました。

解体すると車に使われている鉄やアルミを「資源」として解体業者に買い取ってもらうことになるのですが、輸送費用や車両登録抹消等にお金がかかって手元に残るお金はほとんどありませんでした。

処分にかかるお金は普通自動車で2~4万円、軽自動車だと2~3万円程度です。(内訳下記)

  • 解体費用(約1~2万円)
  • 登録抹消手数料(約1万円)
  • レッカー費用(5千円~1万円)
  • リサイクル料金(6千円~1.5万円リサイクル券がない場合)
ミサ

私も廃車ってお金がかかるイメージだったわ。

ダイチ

そうだよね。でも実は最近、廃車買取というサービスが出てきて廃車なのにお金がもらえることがあるんだ!

廃車買取サービスとは?

廃車買取サービスとは廃車で本来発生する処分費用を負担してくれる上、数万円の売却益を得られるサービスです。

なぜ売却益が得られるのかというと車を解体するのではなく、修理して海外に輸出したり使えるパーツを取って売却するからです。

日本では古くて売れない車でも海外では人気があり修理費をかけても高額で売れます。

もし売れ残ってもまとめて解体することで諸経費が割安になるため、処分費用を負担しても採算が取れるのです。

ミサ

なるほど!だから廃車買取業者は処分にお金がかかる車も買い取ってくれるのね!

ダイチ

ただし“どんな車でも10万円”とはならないから注意が必要だよ!

事故車だった場合10万円の価値はない

例えば、事故車だった場合は10万円の価値はありません。

なぜなら輸出するにも修理にお金がかかり、パーツを使うにも壊れた部品は売り物にならないから。

それに動かない事故車の運搬は特別な車両が必要なので逆にお金がかかってしまい、あなたの手元にはわずかなお金が残れば良いと思うくらいでちょうどいいのです。

ミサ

じゃあ、事故車はあきらめるしかないのね。

ダイチ

一般的にはそうなんだけど、自前の解体工場があったり特殊な輸出販売ルートを持っている廃車買取業者なら事故車でも高く買ってくれる可能性はあるんだ。

つまり「どんな事故車でも10万円」は非現実的ですが、廃車専門の買取業者を選ぶことで高額で売却できる可能性があるのです。

改造車も市場価値がなく、10万円でも買い取れない場合がある

改造車も残念ながら10万円で買い取ってもらうのはむずかしいでしょう。

なぜなら改造すると車にダメージが残るため故障の可能性が上がる点に加え、いくら格好良くても嗜好が合わないお客様には価値がないから。

そして純正品以外の部品や正規ディーラー以外での取り付けは、メーカー保証が効かなくなる場合があり、普通に乗ることすらままならなくなってしまいます。

ミサ

せっかくお金をかけて改造して逆に価値が下がるなんて。。

ダイチ

中古車は国内も海外も新車で販売された状態(つまりノーマル)の車が一番人気があるんだよ。

一般的に車は改造することで市場価値はが下がることを覚えておきましょう。

どんな車でも3万円買取!ガリバーの最低価格保証は妥当?安い?高い?

ガリバーのどんな車でも3万円買取は妥当?高い?安い?

ガリバーでは「どんな車でも3万円」という保証をつけています。

この3万円という数字、気になりますよね。

妥当なのか、安いのか、高いのか基準となる「3万円」という金額を検証していきましょう。

どんな車でも3万円程度の価値はある

まず大前提として、どんな車にでも3万円程度の価値はあります。

なぜなら車に使われている鉄やアルミを「資源」として解体業者が買い取ってくれるから。

例えば車重1,600kgの普通車(ミニバン・ワゴンタイプ)なら鉄は車重の50%程度なので、800㎏(0.8トン)出ます。

鉄スクラップ価格(*)は約48,000円/トンくらいなので、48,000円×0.8トン=38,400円くらいの価値があるのです。

(*:一般社団法人「日本鉄リサイクル工業会」2023年6月データ)

ミサ

つまり直接解体業者に持っていけば、少なくとも3万円程度で買ってもらえるってことね。

ダイチ

鉄だけで考えるとそうなんだけど、実は廃車手続をするまでにかかるお金もあるんだ。

車の廃車には以下の書類を陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)に提出しなければならず、自力でやるならともかく、業者に依頼すると事務手数料がかかってしまうのです。

必要書類備考
自動車検査証(車検証)原本
印鑑登録証明書所有者の印鑑証明
所有者の実印印鑑証明と同一の実印
ナンバープレート前後2枚
身分証明書運転免許証、健康保険証など
永久抹消登録申請書手続きを行う日に運輸支局で入手
手数料納付書(手数料は無料)手続きを行う日に運輸支局で入手
自動車重量税還付申請書自動車税の還付を受ける場合
移動報告番号の控えリサイクル券に記載
解体報告記録日の控え解体業者から受け取る書類に記載
解体に必要な書類

つまりどんな車もスクラップとして3万円程度の価値はありますが、実際はその車の運搬や諸経費で相殺されてしまうので妥当か、むしろ高値での買取である可能性があるのです。

3万円での買取が妥当かは車によって異なる

その車がスクラップのような車であった場合には妥当か高値で買取となりますが、スクラップではなく普通に売れる車だった場合はどうなるでしょうか。

その場合は3万円では安すぎるかもしれません。

なぜなら中古車の価格は車の状態や走行距離だけでなく、需要の有無も影響してくるから。

ミサ

え!どういうこと?たとえばボロボロの車を3万円で買い取ってもらえたら喜んでいいのよね!?

ダイチ

いや、実は僕たち一般人が見てボロボロの車でもマニアには価値があったりするんだ。車を売却する時はその車にどれだけの価値があるかを見極めることが重要だよ。

たとえば下のように一見ボロボロのスポーツカーや廃車レベルの車でも10万円の値段がつくことがあります。

https://twitter.com/cashcashcasher/status/1391968111369199623?s=20

縁起の良い話ではありませんが、災害が起こって車が大量に壊れてしまったりすれば、車の需要が上がるのでどんなボロボロの車でも価値が上がることもあるのです。

ガリバーの「どんな車でも3万円買取保証」には条件がある

実はガリバーの3万円買取保証には条件があります。

それは以下のような内容です。

  • 店舗に売却予定の車で来店すること
  • 契約者が車検証の本人またはその親族が来店すること
  • 車検証があること
  • 車検不適合車、法的問題車両ではないこと
ミサ

どんな車でも…ではないわね…。

ダイチ

やっぱり「どんな車でも」っていう保証には無理があるよな…。

▼ガリバーの「どんな車も3万円以上買取宣言」の注意書き

出典:ガリバーHP

つまり、実車を見て価値を確認する「一般的な買取」と同じ条件と言っても過言ではないのです。

さらに注意しておかなければならないのが、買取が不可だったの場合は「廃車引取」となり、廃車手続きサービスとして9,800円の支払いが必要になる点です。

よくある質問(出典:ガリバーHP

Q:ガリバーの廃車引取に手数料はかかるの?
A:ガリバーの廃車引取では、原則として9,800円の手続き費用を頂戴しています。ただし次のクルマもガリバーで購入していただいた場合、手数料が無料になるケースもございます。

ミサ

え!実車を見てダメだとこっちがお金を支払うの!?逆にリスク高くない?

ダイチ

そうだね。だから3万円での最低価格保証は正直あまり意味のない数字であると捉えた方がいいんだ。

車を3万円以上で売りたいならカーネクストは有力な選択肢

車を3万円以上で売りたいならカーネクストは有力な選択肢

ここまでどんな車でも10万円で買い取ることが難しい理由とガリバーの3万円最低買取保証があまり意味のない数字であることを解説してきました。

それではどうしたらあなたの車を3万円以上で売ることができるのでしょう?

おすすめはカーネクストという廃車買取サービスを使うことです。

ミサ

カーネクストはどんな車でも買い取ってくれるの?

ダイチ

もちろん!廃車買取業者は独自の輸出ルートや部品販売ネットワークを持っているから高く買い取ってくれる可能性が高いんだ。

▼カーネクストの廃車買取の特徴

  • 3つの”0″を約束 原則買取0円以上 日本全国レッカー費用0円 諸手続き費用0円
  • 車確認なしの電話査定で納得の買取金額
  • 国内外に多数の販路&自社オークション運営で高価買取
ミサ

へぇ~!ちゃんと高く買い取ってもらえる仕組みを用意してくれているのね!さっそく週末にお店に行って査定してもらいましょう!

ダイチ

「カーネクスト」はWeb専門の廃車買取サービスだからお店がないんだ!電話かWEB申し込みでOK!実車査定も無く電話で全ての査定が完了するよ。

豊富な買取事例

カーネクストには買取事例が公開されており、車種と年式、走行距離からだいたいの相場がわかります。

現車確認なしで査定ができる理由は豊富な買取事例から、あなたの車の価格を見積もることができるから。

例えばトヨタヴィッツの買取実績は現時点で3,830件もあり、平成17年(2005年)式の10万kmオーバーや自走不可の車でも3万円近くで買取されています。

カーネクストHP:ヴィッツ(トヨタ)の廃車買取事例
ミサ

なるほど!20年近く前の車でもちゃんと買い取ってもらえているのね!でもなぜカーネクストはこんなことが可能なの?

ダイチ

実店舗を省いて在庫コストを削減し、独自の海外販売網、全国13,000社の自動車関連業者と繋がりを持ちながら、自社オークションを開催するなど、販売機会を増やしているからなんだ!

カーネクストは実店舗を持たない常識を破るビジネススタイルで急成長し、2023年WBC侍ジャパンのオフィシャルパートナーになった成長著しい会社です。

還付金が返ってくる

カーネクストは買取査定額に加えて自動車税の還付金がある場合は返却してもらえます。

一般的には買取査定額にその残存期間分の還付金が含まれていることが多いです。

その理由は少しでも高く買い取ったと利用者に上手に魅せるため。

ミサ

え!?本来は返ってくるはずの還付金が買取価格に含まれてしまうの?

ダイチ

利用者にとっては手元に入るお金としては同じようなものだから、そういう表示をされても違和感がないんだ。カーネクストは還付金を明確にしてくれるから安心だよ。

自動車を売却・廃車にすると以下のような還付がある場合があります。

項目支払いタイミング還付のタイミング備考
自動車税4月に1年間分売却時(軽自動車は無)月割りで還付
自動車重量税車検毎廃車時(永久抹消時)月割りで還付
自賠責保険料車検毎売却時月割りで還付
リサイクル預託金購入時売却時廃車時は還付無し
自動車取得税購入時還付なし
自動車に関する税金他

ガリバーの場合は還付金を買取価格に含めると宣言しています。

車売却時の税金(出典:ガリバーHP

ガリバーでは、既に支払った自動車税や自動車重量税はもちろん、車検の残り期間やリサイクル券も買取価格に反映しています

今の車の買取価格を確認するためにも、まずは気軽に無料査定をご利用ください。

それに対してカーネクストは買取金額とは別に自動車税を還付することを明記しています。

車売却時の税金(出典:カーネクストHP
  • 自動車税は手放した月の翌月~翌年3月までの月割りで支払った自動車税が還付されます
  • 自動車重量税の還付を買取価格に加味
  • 自賠責の解約も代行させて頂きますので返戻がある車の場合は買取金額に含めてのご提示になります

例えば、2005年式トヨタヴィッツを8月に売却した場合その額は19,700円(*)になります。

(*)計算方法:1年の自動車税額÷12ヵ月×登録抹消した翌月から3月までの残存月数
ヴィッツは1000cc未満なので1年の自動車税額¥33,900÷12ヵ月×7ヶ月=¥19,700(¥100以下切り捨て)

ミサ

つまり同じ買取金額だったらカーネクストの方が断然お得ってことね!

ダイチ

そのとおり!単に買取査定価格で判断するのではなく還付金も含めたトータルの手残りで計算するのがポイントだよ。

カーネクストで高く売るための工夫

還付金の面ではガリバーよりもカーネクストの方が有利であることがわかりました。

そしてこの記事を読んで頂いている方に特別に少しでも高く買い取ってもらうためにはできる工夫をご紹介します。

その工夫とは電話を受けてから一度悩むこと。

▼査定申し込み後に届くキャンペーンSMSの実例(友人提供)

即決しないことでキャンペーンが発生して高く買い取ってもらえます。

これは競合他社と比較されてしまうことを想定して、即決してもらえなかった場合査定額を上げてくれるという営業手法の1つです。

ミサ

え、即決したら損するの?

ダイチ

損するかどうかははっきり言えないけど、やっぱり他と比較して決めることって大切なんだよね。業者としては安く買い取れたら御の字なわけで。

ただしあまり引っ張りすぎるのもNG。

業者側も「本日限定!」という高額査定の根拠を作っているので、その日に決まらなければ査定額を下げざるを得ません。

ワンクッション置いて、査定額が上がったタイミングで決断するのが吉です。

\ 廃車買取のカーネクストを試してみる/

ミサ

なるほど!いい話を聞いちゃったわ!

ダイチ

ただし、カーネクストで買取を検討する時に大切な注意事項があるよ。
それは成約後キャンセルすると30,000円の手数料が発生すること。
口頭でも契約が成立するのでくれぐれも注意が必要だよ!!

廃車買取の流れ(出典:カーネクストHP

査定額にご納得いただけましたら契約成立となり、お車の引取日や引取場所の調整、必要書類のご案内などをさせていただきます。なお、成約後のキャンセルにつきましては、一律30,000円の契約解除手数料が発生いたします。

買取をお願いすると決断したら、他の会社と比較したりせず腹を決めることが大切。

もし迷っているなら、はっきりと「待ってほしい」と伝えた方がお互いのためです。

車をできるだけ高く売るためにやっておきたい7つの工夫

車をできるだけ高くうるためにやっておきたい7つの工夫

最後に愛車をできるだけ高く売るためのポイントを7つご紹介します。

  1. 売ろうと思ったらできるだけ早めに売る
  2. 売る意思を示す
  3. できるだけメーカー純正の装備で揃える
  4. 車のメンテナンスを怠らない
  5. 売るタイミングを調整する
  6. 査定時に正しく情報を伝える
  7. 明らかな廃車でなければ一括査定を使ってみる
ミサ

車は資産性のあるものだから、状態が良くて需要が高いタイミングで売ることが大切なのね!

ダイチ

その通り!具体的な方法をくわしく見ていこう!

①売ろうと思ったらできるだけ早めに売る

売ろうと思ったら早めに売るのが鉄則です。

なぜなら早めに売らないと以下のようなリスクがあるから。

  • 時間が経過による車の価値の低下リスク
  • 売るまでの期間に事故や損傷が発生するリスク
  • 目標の期限までに車が売れないリスク

走行距離、車検まで期間、部品の消耗は車の査定項目なので売るのが遅くなるほど査定が下がります。

もし、売るまでの間に事故や接触で車を大きく傷つけるとその査定価格は半分以下になることも。

さらに新車購入等のお金が必要な期限ギリギリになってしまうと安値で妥協したり、他で資金調達が必要になります。

ミサ

売ろうと思ったらすぐに行動するのが得策ね

ダイチ

そうだね。行動は早く!でも決めるのは慎重にね。

高く売ろうと思ったら車の価値が下がらないうちに早めに売るのが賢明です。

②売る意思を示す

次に高く売るポイントはその車を売る意思があることを示すことです。

なぜなら営業マンも複数のお客様と同時に商談しており成約に近いお客様の方に熱量を示すから。

強引なセールスを敬遠して売る気のない素振りを見せていると相手も冷やかしだと勘違いしてしまうため、いつまでも満足できる価格は引き出せません。

ミサ

でも、最初から売る気を見せると足元をみられちゃうんじゃないの?

ダイチ

そんなことはないよ。最初に売る意思があること示した上で、お店を比較していると伝えた方が早くベストプライスを出してもらえる可能性が高いよ!

営業マンも本気で車を売ろうとしてない人に時間と労力はかけません。

きちんと売る意思を示しつつ、勢いで即決しないことが車を高く売るコツです。

③できるだけメーカー純正の装備で揃える

次のポイントは、車の装備つまりドレスアップのパーツはメーカー純正品で揃えること。

なぜならいくら便利でカッコいい装備でもメーカー純正品以外は車の価値が下がるからです。

特にボディに穴を開けて固定する部品やナビ等の電装品は要注意で、メーカー純正以外は査定の減額対象になります。

ミサ

なぜ同じような部品で違うの?

ダイチ

純正品はメーカーで車と一緒に設計されて品質が保証されているからだよ!

メーカー純正品は高額ですが手放す時の価格を考えるとお得なこともあります。

装備品を取り付けるなら品質が保証されているメーカー純正品で揃えるのがオススメです。

④車のメンテナンスを怠らない

次は車のメンテナンスを怠らないことです。

なぜなら車の状態の良さは査定額に直結するから。

メンテナンスは一般的にディーラーや整備工場で行う法定点検(12ヶ月点検と24ヶ月点検)とユーザー自身で行う内容があります。

  1. 法定点検の12ヶ月点検をキチンと受けて整備記録と残す。
  2. ユーザー自身が行うメンテナンスを怠らない

この2つが特に重要なポイントです。

ミサ

12ヶ月点検って法定点検だからみんな受けてるんじゃないの?

ダイチ

罰則がないから受けない人もいるんだよ。多少お金もかかるし…。

法定点検は道路運送車両第48条(定期点検整備)で規定されている義務ですが、罰則規定はありません。

しかしこの点検をキチンと受けて履歴を「点検整備記録簿」に記録しておくことで査定評価が上がります。

ミサ

12ヶ月点検をちゃんと受けている人はお金をかけて大切に乗っている人だと評価してもらえそうね。

ダイチ

そうだね。そういう人は自分でもマメにメンテナンスができるはずだからし、高い査定を受ける権利を持った人と言えるね。

ちなみにユーザー自身でメンテナンスが必要なのは以下のような項目です。

  • エンジンオイル、ブレーキ液、ウインドウォッシャ液、バッテリー液等をマメに確認・交換する
  • ヘッドライト、ストップランプ、ウインカー等が球切れを確認する
  • タイヤの傷、溝の深さ、空気圧のチェック
  • ワイパーゴムの点検
  • 車体の塗装面の手入れ(鳥フンのようなもので汚れっぱなしになっていないか)

全て自分でできなくても、ガソリンスタンドで給油中に無料で点検してもらえる項目もあります。

面倒ですがワイパーの吹き残しや塗装面の汚れは放置すると表面にキズがついたり跡が残って査定金額が下がるので、気づいたらすぐに掃除することが大切です。

⑤売るタイミングを調整する

車を高く買い取ってもらうには、売るタイミングを調整するのも重要。

なぜなら中古車の価格は需要と供給のバランスで決まるから。

ベストなタイミングと言われているのは需要期直前の以下のような時期です。

  • 1月〜2月:4月の就職や進学での車購入
  • 7月〜8月:ボーナス直後、下期の異動や転職者による購入時期直前
  • 3月と9月:中古車車買取業者の決算ラストスパート
ミサ

じゃあ、このタイミングに合わせて車を売ればいいのね!

ダイチ

もちろんタイミングが合うならその方がいいね。でも車を高く売るには時期だけじゃなくて、車検の残り期間や走行距離数で調整するのがおすすめだよ!

車の査定に大きく影響する項目は次の3つです。

  • 走行距離
  • 年式
  • 車検までの残存期間

まず走行距離は3万km、5万km、10万kmを目安にして査定金額が下がっていくので売るならこの距離の手前が売り時です。

年式は日本国内でその車が登録されてからの経過年数が重要で、その年数に応じて「⚪︎年落ち」と表現されます。

これも3年、5年、10年で査定金額が下がるので、その手前が高く売るタイミングです。

ちなみに最後の車検までの残存期間が4ヶ月以上残っていると査定評価が上がります。

⑥査定時に正しく情報を伝える

次に査定してもらう時に正しい情報を伝えることが車を高く売るポイントになります。

なぜならその情報が査定価格に影響するからです。特に事故や災害による車の骨格部分を直した「修復歴」は中古車販売時に表示する義務があるから。

傷や凹みを直した「修理歴」は修復歴に比べて大きく査定額は下がりませんが、プロの査定士にはわかってしまいます。

ミサ

プロの査定士にかかれば何でもわかっちゃうなら別に情報を伝えなくても査定価格が変わらないんじゃないの?

ダイチ

そんなことはないよ。
もし情報を伝えずに後で知れたら値段交渉で不利になるよ。
それに「修復歴」は告知義務があり後で大幅な減額を要求される可能性もあるんだよ。

特に中古車は定価がなく売買の交渉は「信頼関係」の上に成り立っているので、車を高く売るには正しい情報を伝えるのが大切です。

⑦明らかな廃車でなければ一括査定を使ってみる

最後に廃車か買取かわからない場合は一括査定を使ってみるのがいいでしょう。

なぜなら中古車買取業者は独自の得意な車種や販売ネットワークを持っているので、一括査定することで高値で買い取ってくれる業者に出会える可能性が上がるから。

その他中古車一括査定のメリットは以下のようなものがあります。

  • 一つ一つ自分で買取業者を探さなくても良い
  • 車の情報入力がネット上で一回ですむ
  • 買取価格の相場を知ることができる
  • 複数の買取業者の査定額を比較して高値で売れる
ミサ

なるほど!中古車一括査定することで相場がわかって想像以上の高値で買い取ってくれる業者が見つかるってことね!

ダイチ

その通り!でもこんなデメリットもあるので、安易に相場を調べるためだけに一括査定をするのはオススメしないよ。

  • 申込後に大量の営業電話がかかってくることがある
  • 複数の買取業者の対応を同時にしなければならない
  • その一括査定サービスに登録している買取業者からしか選べない
  • 個人情報が必要で他サービスのDMや電話勧誘がある場合がある

ちなみに当サイトのおすすめ一括査定サービスは、これらのデメリットをあらかじめ対策している「MOTA車買取」です。

MOTA車買取はサイト上で事前に最大20社が参加する入札が行われ、高額査定を出した上位3社とだけやり取りができるという新時代の一括査定サービス。

やりとりする会社を限定することができる上、限定する過程で高額買取が見込める業者が選定されるから利用者にはメリットしかありません。

愛車の売却を考えているのであれば利用しない手はないでしょう。

\ 新時代の一括査定を試してみる/

まとめ

まとめ

ここまでどんな車でも10万円で買い取ってくれる会社が存在しない理由とガリバーの3万円保証のカラクリ、高く売るための7つの工夫について解説してきました。

どんな車でも10万円で買い取るのは難しいというのが結論で、理由は状態によって赤字になってしまう可能性があるから。

ただし10万円以上で買い取ってもらえる可能性も十分にあるので諦めず査定に挑戦することが大切です。

ミサ

事故車や自走不能な車は廃車買取、それ以外の車は一括査定を使うと高額査定が期待できるのよね。

ダイチ

廃車買取ならカーネクスト、一括査定ならMOTA車買取がおすすめだよ。

そして車をできるだけ高く売るためにやっておきたい7つの工夫もぜひ試してみてください。

  1. 売ろうと思ったらできるだけ早めに売る
  2. 売る意思を示す
  3. できるだけメーカー純正の装備で揃える
  4. 車のメンテナンスを怠らない
  5. 売るタイミングを調整する
  6. 査定時に正しく情報を伝える
  7. 明らかな廃車でなければ一括査定を使ってみる
ミサ

大切に乗ってきた車だからこそ、納得して少しでも高値で買い取ってもらいたいわよね!

ダイチ

僕も同感。そのためにはお店の宣伝を鵜呑みにせず、自分の車の価値を高く評価してくれる買取業者を探すのが重要だよ。

中古車に定価はありません。

中古車の価格のつき方を正しく理解して納得のいく金額で愛車を買い取ってもらえる業者を探しましょう。

以上、「どんな車でも10万円買取の会社は実在する?ガリバーの3万円買取保証は安い?」でした。

この記事が参考になったらシェア!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ